村長FULL

こんにちは。
くるまかいとり村
の村長です。

みなさんご存知の通り、
中古車の買取りというのは
同じ車種や同じ年式であっても
同じ買取り価格ではありません。

また、
買い取ってくれるお店によっても
査定額はちがいます。

そして、その価格差は大きく、

数万円から数十万円の
差が出ることもよくあります。

新しい車に乗りかえる時や
車を手放す時には
できるだけ高く
買取ってもらいたいものですよね。

 

車を売る時、買換えの時に
いちばん楽して得する方法

パソコン村長

新しい車に乗り換えたり、
売却する時など車を手放す時には
様々な方法があると思います。

いちばん手間をかけずに
手元にお金を残す方法は

一括車買取査定に申し込んで、
複数の買取業者に査定してもらい、

いちばん高い査定額をつけた
買取り業者に買取ってもらう事です。

いちばんオススメの一括査定依頼サイト
『かんたん車査定ガイド』なら
データ入力後すぐに概算金がわかるので
その後の査定でも比較が簡単です。


 

車一括買取査定とは?

インターネットサイトから
車の車種や年式、
グレードや色などの詳細を
たった1度入力するだけで、
同時に複数の買い取り専門業者に
買取査定を申し込み、
出張査定
をしてもらえるサービスです。

あなたはご自宅で査定をしてもらい、
複数査定してもらった中から
最高額をつけてくれる業者を
選ぶだけです。

そして、申込料、出張査定料など
全て無料で利用可能です。

車一括買取査定を申し込めるサイトは
いくつかあります。
詳しくみたいと言う人は
ランキングにまとめましたので
参考にしてみてください。

 

車一括買い取り査定
高額査定5つの心得

車の一括買取査定を
今から申し込もうと思っている人に、
車を高く買い取ってもらう為に
少し知っておいてもらいたい
ポイントをお教えしますね。

 

心得その1
出張査定に来てもらう日時を決めておく

車の一括買取査定の入力が終わって
申し込みを完了させると、
買取業者から
査定日時を打ち合わせするために
折り返し電話が掛かってきます。

査定の時間をする時間だけではなく、
買取価格を交渉する時間などが
長引くこともありますので、

うしろのスケジュールがない
余裕のある日時を指定するのが
コツです。

 

心得その2
必ず2社以上の査定を聞いてから決める

商売の基本は安く仕入れて
高く売ることですよね。

車の買取業者も商売ですから
できるだけ安く、
車を買取りたいのが本音です。

自動車ディーラーなどの
下取りと比べると
車買取業者の方が
高く見積もってもらえるで
1社目の買取業者の査定で
売却を決断してしまう方が
多いのですが、
それでは一括買取査定の
意味がありません。

1社目で想像以上に
買取査定価格が高くても
一旦は保留してもらい、
必ず2社目にも査定してもらって
比較するようにしましょう。

2社目に1社目の査定額を
ぶつけてみるのも
高額査定につながる方法のひとつです。

また、車には
セダンやミニバン、SUV、
コンパクトカー、軽自動車など
ジャンルが様々あります。

例えばSUVの買取は得意だけど、
軽自動車の買取は苦手
という場合もあります。

これは買取った後の
販売先の違いによるものですが、
なかなか見分けるのは難しいですよね。

見分けるためには
実際に査定してもらって
金額を提示してもらうのが
いちばんです。

そのためにもできるだけ多くの
買取業者に査定してもらいたいですね。

 

心得その3
こちらの希望買取金額は言わない

査定士が査定に入る前に、
「おいくらぐらいが希望ですか?」
と聞いてくることがよくあります。

ここで根拠のない金額を言ってしまうと
実際にはもっと高い金額を出せても
「じゃあ、その金額で買取りましょう」
となってしまいますよね?

また、
希望金額に1万円でもプラスになると、
うれしくなって
売却を決断してしまいそうになります。

「おいくらぐらいが希望ですか?」
と聞かれたら、

「相場がわからないので限界までお願いします。」
と答えましょう。

買取業者はできるだけ安く買いたいので、
必ず安い価格から提示してきます。

逆に査定士から先に金額を聞いて、
その金額がどこまで上げられるか
粘って交渉してみましょう。

 

心得その4
新車・中古車への乗り換え時も
車一括買取査定を利用する

新車でも中古車でも
新たに車を購入するので
今、乗っている車を
売ろうという方が
ほとんどだと思います。

車の乗り換えとなるとほとんどの人は
購入店へ
『下取り』に出してしまいます。

下取りとは?

車を買い換える時に車の購入店で
今乗っている車を買取ってもらって
購入代金にあてる事を
『下取り』と言います。

多くのディーラーや中古車販売店は
買取った車を店頭に並べて販売しますが
お店が売りやすい車でない場合は
安く買取って安く売ってしまうのが
手離れが良いですよね?
そのため、
どうしても査定額が低くなりがちです。

中古車でもよく
『当店下取り車につき大特価』
といった車を見ると思います。

つまり、
下取り車=安く買取っている
ということです。

買取りとは?

下取りと分けて言うために
単純に車を買取ってもらうことを
『買取り』と言います。

一括買取査定で申し込んで
買取をしてくれる業者のほとんどは
買取った車を
在庫して販売するわけではありません。

業者オークションでの売却や
海外輸出、
輸入車や改造車など
特化した販売店への業販など、
多くの販売ルートで
短期間にお金に換えてしまいます。

そのため在庫のリスクが低く、
運営コストが安いので
その分を買取価格に
反映することができるのです。

また、在庫がないということは
どんどん買取りをしないと
商売になりません。

少々利益が少なくなっても
車を買取りたいと考えているので
2社以上競合した場合は
買取価格が上がりやすいのです。

 

心得その5
下取りでも査定見積もりを
持っていれば交渉に有利

下取りよりも買取の方が
高く売れるのがわかっていても
納車時のスムーズな入れ替え
などを理由に
下取りを選んでしまう人も
いると思います。

どうしても下取りが良いと思う人は
1度査定してもらって見積もりだけは
もらっておくようにしましょう。

「買取専門業者だと〇〇万円の買取り査定が出ているんだけど?」

と交渉をすることができますよね。

一括買取査定はネットで申し込んで
査定は出張査定ですから
何も煩わしいことはありません。
気軽に申し込んで、

見積もりだけは必ず
とっておくようにしましょう。


 

車一括買取査定は
申し込みも査定も全て無料

車一括買取り査定に申し込んで
どこの買取業者からも
納得の金額が出なかった場合は
全て断ってしまっても大丈夫です。

全ての業者で買取を断っても
査定料や出張手数料を
請求されることはありません。

つまり、
やっておいて損はない
ということです。


 

下取りと値引きのカラクリに注意

車の『下取り』は
高く買い取ってもらえる方法として
長い間、常識でした。

しかしこれにはカラクリがあって、
実は下取りと値引きには密接な関係があります。

実は値引き分を
下取りにまわしていただけの話です。

D社

もう値引きは限界ですが、
下取りは頑張ります。


と言われていたとして、
他社で査定してもらったところ
高い査定額が出た場合でも
車は他社で売るとしても、
あなたはその新しい車を他で買うなんて
ことはありませんよね?

つまり彼らの仕事は車を売ることであって、
買う事が目的ではありません。
そこまで貪欲に買取る必要がないのです。

しかも見積書の中に書き込んでしまえば
一見値引きのようにも感じてしまいます。

私の経験上、
下取り車を他で売った後に
再交渉してみると
車体の値引きが大きくなった。
なんてこともありましたよ。

つまり、

車一括買取り査定で下取りよりも
高い買取価格で買取ってもらい
さらに値引きを大きくしてもらって
最大限お得に車を買う事ができました。

 

車の一括買取査定まとめ

車を購入した場合そのお店で下取り
という方法がこれまでは主流でした。

また実際、下取りが一番高かった
という時代も過去にはありました。

しかし、インターネットの普及により
車の流通経路や
売買方法も大きく変わってきています。

現在はシステム化された
車買取専門店の方が
ディーラー下取りよりも
高く買いとってもらえる
という情報が多く知れ渡り、
車買取専門店で車を売る人も
増えました。

家に居ながらにして
申込み、査定、売却
と楽をして、
しかも複数社比較によって
買取価格を
限界まで高くすることができる。

こんな便利で
お得なサービスを
使わない手はありませんよね?

ぜひ活用して下さい。